会長・小堀の「ただいまぁ〜とりあえずビール」〜日々奮闘〜

余熱でかしこく省エネ料理!

十六穀米おにぎり ラジエントに耐熱ガラスで炊いたご飯十六穀米

 今日は、会社にあるスーパーラジエントヒーターを使い

 ガラスの容器で、ご飯を炊きました。

 山田養蜂場の十六穀米を入れ、

 だいたい2合くらいが14分でたきあがります。

 IHの炊飯器より早く出来ます。と、言うことは電気代が掛からない。
 
 しかも、電源を自動で入れたり切ったりしているので
 
 通電時間は約半分の7分という事になります。

 遠赤外線がたくさん出ているので煮物や焼き物もおいしくできます。

 しかも、電気代が半分で・・・?!

 ハンバーグの片面や、目玉焼きなどは余熱で充分!!

 調理実習説明会に来られた方は分かりますよね。

 おいしく炊き上がったご飯で三角おにぎりを作りました。

 ほっこりして家族でおいしく頂きました。

     健康住宅建てるなら睦みの工房小堀建設    (会長)