会長・小堀の「ただいまぁ〜とりあえずビール」〜日々奮闘〜

~床暖房って必要?~

上原①

健康に過ごすということは病気をしないだけでなく、

無理をしたことによる疲労や過労が少ないことも大切でしょう。

それは「健康住宅」も同じです。

無理な疲労や過労は避けたいものです。

 

そこで、床暖房について考えてみましょう。

床暖房があると足元があったかくて気持ちがいいですが、

それって床暖房をしないと寒くて我慢できない住宅である、

ということではないですか?

エネルギーをたくさん使えば、暖かいのは当たり前です。

いかに少ないエネルギーで快適で健康的な暮らしが出来るか?が大切なのです。

それこそが健康住宅です。

 

一般の木造住宅の場合、床下換気口がついていて床下を空気が流れるようになっています。

よって床下の温度が外気温と同じになるのです。

そのため、床暖房の熱は上側の床面だけでなく、誰もいない床下も温めることになります。

何と床暖房の消費エネルギーの半分は、誰もいない床下のために

無理な疲労を強いられている結果なのです。

まさに倍遣いです。エネルギーが過労ですね。

 

だからと言って、もったいないから我慢して床暖房を使わないのも本末転倒。

床暖房をしなければ寒い住まいでしかありません。

健康に良くないですね!

じゃあ、床暖房をしなくてもあったかい住まいにすればいいんですよ。

もちろん省エネルギーでちゃんと住まい全体があったかくなるようにすれば・・・!

                            (会長)

   岡山笠岡で健康住宅を建てるなら睦みの工房小堀建設